優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
今日は給料日。
しばらく更新してませんでしたが、その間色々ありました。携帯を機種変更してみたり、酔っ払ってチャリで田んぼに落ちてみたり…。

仕事の忙しさもようやく峠を越えた感じです。もうすぐそこに次の山が見えてますが。

スポンサーサイト
満月
今日、休日の仕事を終え、駅から家に帰る途中、月がとても綺麗に見えました。(おそらく)満月でした。中秋の名月ってやつでしょうか。十五夜って10月だったっけかな?

普段余り月が綺麗だと感じないのですが、昔の人は花見と同じように月を見ながら一杯呑んでいたんですよね。花見は今でも多くの人がやってますが、月見は余りやられてない気がします。

昔は夜になると本当に辺りが真っ暗で、月がとても綺麗に見えたんだと思います、きっと。

今日は真っ暗な通勤路をなんとかして欲しいというお話でした。
結果報告part2
本日、肩の診察に家から車で20分程度の総合病院へ行ってきました。

予約をしていたのですが、結局待つこと1時間でようやく診察室に呼ばれました。

前回別の病院で撮ったレントゲンとMRIの写真を見ながら、事情を説明。

やたらと日常生活に支障がないかどうかを確認するし、バスケとサッカーやってて外れることが多いって言うと、『趣味でやってるんでしょ?』って言うし、前回と同様、腕を回したりしながら状態を確認したときに『ガギッ』と外しそうになるし…この医者はあんまり好きになれない

日常生活に支障がなくても、思いっきりスポーツがしたいから、こうして診察に来ているんです。

結局前の病院で撮ったMRIの写真では関節唇が剥がれていると断定できない(=手術できない)ので、再度MRIをやることになりました。また40分か…。

患部をはっきりと写すために、肩に造影剤を注射し、40分の検査が開始。検査中に大きな音がなるので、ヘッドフォンをつけてくれました。音楽を流してくれるそうです。退屈が少しはしのげるかなと思いきや、何の音も流れないまま、検査が終了
終電
金曜日の終電は人が多いので、飲み会以外では基本的に乗りたくないんですよね。

でも結局終電なわけで。

明日は入院予定の総合病院へ行ってきます。

結果報告。
今日、予定通り病院へ行ってきました。向かったのは家から車で10分程度の近くの整形外科。

9時半に到着すると、待合室にはたくさんの人。ま、土曜日だし、待ち時間が長くなるだろうというのはある程度想定内。雑誌を読んだりしながら適当に時間を潰す。

そして待つこと2時間半。12時過ぎにようやく診察室に呼ばれました。

簡単に経緯を話し、まずはレントゲンを撮ることになりました。正面からと上からと腕に重りを付けて肩に負荷をかけたのとの3枚を撮り、続いてMRI検査という磁石を使った検査。この検査は骨だけでなく、軟骨や神経まで見ることができるのですが、所要時間が40分。体を固定された状態での40分間はかなり苦痛でした。途中何度か寝てましたが。

検査を終え、またしばらく待たされ、再度診察室に呼ばれました。

腕を回したりしながら、どういう動きが痛いかを再度確認したあと、先ほど撮った肩の写真と肩の模型を見ながら説明が始まりました。

肩の骨と腕の骨は他の関節のように、しっかりと固定されていないそうです。だから360°回したりできるそうです。ただそれだとすぐに外れてしまうので、関節唇(かんせつしん)と呼ばれる軟骨のようなもので補強されており、その関節唇が剥がれしまっているとのことです。

当然剥がれてしまっているので、筋肉をつけてどうこうできることではなく、治すには手術しかないと言われました。しかも、一週間ぐらいは入院も必要になるそうです。長らく放置しておいたバチがあたったのでしょうか。このまま運動できなくなるなんて考えられないので、手術は受けるつもりでいます。

少しネットで調べてみましたが、肩からカメラを入れて縫合するらしく、肩に1cmくらいの傷が残り、三ヶ月くらいはリハビリも必要になるみたいです。思っている以上に重傷なのかもしれません。

来週、入院先になるであろう総合病院に検査に行きます。仕事の関係もあり、すぐに入院というわけには行かないと思いますが、年内にはなんとかしたいと思っています。

以上、報告でした。
病院へ
あの事故から2年と4ヶ月。

もういい加減いつまでも放置してられないので、明日病院に行ってこようと思います。

このままじゃ、思い切りサッカーやバスケが出来ないし、息子とキャッチボールさえできやしない。

しばらく通院になるか、手術になるか…結果は明日報告します。

何を言ってるか分からない人は4/5のブログを見てみよう!