優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
結局・・・
出発する5分前に中止の連絡がありました。

今回の場合、明らかに雨の予報だったので、もっと早く中止の決断ができなかったものか。

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
雨ですよ!
明日は、埼玉県で会社の球技大会(フットサル)があります。

毎年の恒例行事なのですが、去年、一昨年は息子がまだ小さかったこともあり、参加しなかったので、3年ぶりの参加です。

バス移動なのですが、4時過ぎには家を出なければいけません。そういえば、先週も同じような時間に同じようなルートで移動してました。毎年このハードな移動を強いる会社もいかがなものか。しかも天気予報は雨だし、静岡はすでに小雨が降っています。

ほんとに予定通り開催されるのかどうかも、不安ですが、とりあえず頑張って起きて行ってきます。
♪海は広いな~
最近、息子が“海”の歌をよく歌います。

♪うみは~ひろい~な~ おおきいなぁ~ というあの歌です。ちなみに“つ~きはのぼる~し~”を“つ~きはのぼぬ~し~”と歌います。

そして、妻と二人で気がついたことが1つありました。息子は、海をちゃんと見たことがないということ。“焼津”という港町に住んでおきながら、これはいかんと思い、連休最終日、天気もよかったので、海を見に行ってきました。

波打ち際


そういえば、自分自身も久しぶりに海を見た気がし、なんだか新鮮でした。太平洋もいいけれど、今年の夏は、是非、日本海も見せてやりたいと思います。

端午の節句
5月5日は端午の節句。

2年前に義父に買ってもらった兜と、近所の“かしはる”という和菓子屋から買った柏餅を玄関に飾り、子供の成長をお祝い。

かぶと


2歳になり、兜に少しは興味を持ってくれるかなぁと期待していたのですが、まったく興味を示してくれず、一緒に写真を撮ることすら嫌がる始末。柏餅は喜んで食べていましたが・・・。

来年こそはもっと興味を示してくれることを信じています。
GW旅行3日目
最終日。この日も7時に起きて、まずは朝から温泉。

そして、昨日決行できなかったサプライズの準備。ホテルのフロントに預けていたケーキを取りに行き、朝食を食べ終わるまで、仲居さんに預けることにしました。

『これ、誕生日のケーキなんですが、朝食の後にお祝いしたいんで預かっておいてもらえますか?出すときにはまた声かけます。』と。

朝食を食べ終わり、そろそろ始めるかなと思ったころ、片づけに来た、ケーキを渡した仲居さんとは違う仲居さんがやってきて一言、

『今日はお誕生日ということで、このあとケーキをお出ししますね』と。

当然、サプライズなので、当の本人には内緒です。部屋が一瞬静まり返り、何事もなかったかのようにごまかすも、間違いなく、当の本人にも聞こえたはず。といっても、ここでネタばらしするわけにもいかないので、何事もなかったかのように、部屋を出て準備。

そこでもやはり、ケーキを箱に入ったまま持っていこうとする仲居さんを止め、ケーキを箱から出し、ロウソクを立てて火を付け、いざ、サプライズ!!

Happy Birthday!


どうやら10日も前だったのが功を奏したのか、“誕生日”というキーワードが聞こえても、自分のことだと思わなかったらしい。(もしくは、当の本人の優しさか!?)というわけで、兎にも角にも、無事に成し遂げることができました。それにしても、仲居さんの気の利かなさには、ガッカリです・・・。(根回しが足りなかったかなぁ・・・。)

そして、宿のチェックアウトを済ませ、草津と言えば、“湯もみ”ということで、湯もみショーを見に行きました。

♪くさつ~よいと~こ~ いちどは~おいで~ (省略) ちょいなちょいな~

という、あれです。

湯もみショー


その後、群馬県高崎市へ向かいました。目的地は、群馬県の大学に通っていた同期の一人が絶賛するカツ丼屋さんです。群馬県と言えば、ソースカツ丼が有名ですが、このお店のメインはソースカツ丼でも、卵でとじたカツ丼でもなく、和風のタレをくぐらせたカツだけがご飯の上に乗っているだけのシンプルなカツ丼でしたが、とてもおいしく、しかも370円という破格に驚きました。

続いて、高崎観音を見に行きました。牛久大仏ほどの大きさはありませんが、間近で見ることができ、迫力がありました。息子も、こちらは認識でき、「おっきいねぇ~おっきいねぇ~」としきりに言っていました。

観音様


高崎観音を見た後は、高速を使い、静岡へ向かいました。渋滞もなくスムーズに進み、22時半頃に自宅に到着。

出発から寝坊し、どうなることかと思った、家族+同期の2泊3日の旅行でしたが、なんとか無事に終えることができました。2歳児を連れての旅行は、正直、大変な面が多々あったけど、思い出に残る旅行ができたかなぁと思います。旅行の最後、同期との別れを惜しみ(?)、大泣きまでするほど、息子にとっても思い出に残る旅行だったことと思います。
GW旅行2日目
前日、2時に寝たにも関わらず、7時に起床し、朝から温泉に入り、朝食を食べ、10時に宿を出発。

日光駅で、別の同期2人と合流。今回はうまく日程が合わなかったので、最初から参加4名に途中参加3名という形だったのですが、ようやく全員が集合。そのまま、日光東照宮へ。

日光東照宮といえば、三猿、眠り猫、鳴龍あたりが有名でしょうか。広い敷地をぐるっと歩いて観光しました。なかでも、鳴龍は感動でした。昔の人は、あれを考えて作ったのかなぁ、疑問です。(写真は三猿です。)

猿5匹。


そして、日光で同期1人と別れ、草津へ。途中、“いろは坂”を通りました。いろはにほへと・・・と48のひらがながカーブに付けられているらしいのですが、48を見つけられませんでした。Wikiによると、

下り線(登り坂・第二いろは坂・馬返→中禅寺湖)20、上り線(降り坂・第一いろは坂・中禅寺湖→馬返)28の合計48カーブからなる。

らしい。知らなかった・・・。


草津に到着したのは、18時30頃で、夕飯を食べ終わると、21時。ここで、10日後に誕生日を迎える同期へのサプライズの準備をするため、予約していたケーキを受け取りに、近くのケーキ屋へ。(帰りに通りかかった酒屋で、日本酒+梅酒の試飲をしてたのは内緒です。)

夜中にサプライズを決行する予定だったのですが、当の本人が体調を崩してしまい、サプライズを翌朝にすることに変更し、草津ワインを飲み、就寝。

3日目へ続く・・・。
GW旅行1日目
同期からの電話で起床。時刻は2時3分。今回は同期に迎えに来てもらい、1台での車での旅行です。少し横になるつもりが、どうやら12頃に寝てしまったらしい。

慌てて準備をし、チャイルドシートを同期の車に装着し、なんとか予定通り2時半に出発。

もう1人の同期を拾い、静岡ICから東名高速に乗り、ひたすら走ること5時間。ようやく、最初の目的地である茨城県の牛久大仏に到着しました。牛久大仏は、ギネスに載っている世界一大きい大仏で、奈良の大仏が掌に乗るほどの大きさらしいです。半信半疑だったのですが、実物を見てかなりびっくりしました。

到着目前で寝てしまった息子も、しばらくすると目覚めたのですが、あまりにもでかすぎて視界に入らなかったのか、興味を示しませんでした。

世界一(?)の大仏


その後、「なか卵」で朝食を食べ、次の目的地である茨城県の偕楽園に向かいました。日本の3大庭園と謳われる偕楽園ですが、到着した駐車場には、車はほとんどいなく若干拍子ぬけ。(偕楽園は、梅で有名なので、時期的には2月~3月がいいらしい。)

梅の時期ではなかったのですが、ちょうどツツジが咲いていて、好文亭という有料の施設からの眺めは最高でした。

偕楽園の風景


茨城と言えば水戸。水戸と言えば納豆。ということで、次は、水戸の天狗納豆という納豆工場の見学に行きました。ちょうど、お昼頃に行ったのですが、なんとかお昼休憩前に、納豆を作るところを見ることができました。機械から抽出される納豆を藁で受け取るおばちゃんはかなり神懸っていました。

工場見学と言えば、なんとなく社会科見学のイメージで、その場で納豆を頂けるかなと目論んでいたのですが、残念ながら、工場では納豆を食すことはできませんでした。なので、水戸駅付近で水戸納豆が食べれるところを探し、そば屋で納豆そばをいただきました。

納豆そば


続いて、水戸から栃木県の宇都宮へ移動。目的地は、ネットで事前に調べておいた“正嗣”という宇都宮餃子のお店です。住所まで調べておいたのですが、

正) 宇都宮市中戸祭X-XX
誤) 宇都宮市戸祭X-XX

たった“中”という漢字1文字を見落としたために、30分以上迷ってしまいました。ほんと申し訳なかったです。

そして、肝心の餃子はと言うと、値段も格安(1人前200円)でかなりおいしかったです。おいしかったので鳥取と富山の実家にも郵送しておきました。

その後、鬼怒川にある1泊目の宿に移動。もう一人の同期と宿で合流し、夕食、お風呂を済ませ、宴会がスタート。2時に静岡を出発し、みんな徹夜状態にも関わらず、2時半まで、飲んだり、しゃべったり、・・・。そんな長い長い1日でした。

2日目へ続く・・・。