優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
三連休再び
明日から三連休ですが、忙しい3連休になりそうです。

明日は会社のイベントでディズニーランドへ行ってきます。朝3時起きで、24時に帰ってくる予定です。道中はバスですが、なかなかハードです。

明後日は、朝8時から町内のソフトバレーの試合です。これは、妻がメインです。自分は子守&応援担当です。

明明後日は、午後に会社のバスケ、その後、町内のメデシンボールという競技の練習です。

と、とりあえず忙しぶってみました。


スポンサーサイト
絵本の購入
今日は会社帰りに、息子の絵本を買いました。

夜寝る前にいつも絵本を読み聞かせているのですが、何度も何度も読み聞かせているうちに、文字はまだ読めないはずなのですが、1人で本をめくりながらある程度読めるようになってしまいました。

特に最近買った「おばけのてんぷら」と「めがねうさぎ」はかなりの腕前です。

さすがに親も読み過ぎて、飽きてきたので、新しい絵本を購入することにしました。

絵本選びは、なかなか難しいです。内容が難しすぎないか、持ってる本と内容がかぶってないか、などなどを考えると、選ぶのにも結構時間がかかってしまいます。

で、選んだのは2冊。

・ももたろう

そろそろ昔話を聞かせたいと思い、選定。昔話の基本ですよね。

・もう、ねんね

絵本を読み始めると、次から次へと絵本を持ってくるので、寝るきっかけになればと選定。

さて、気に入ってもらえるでしょうか。


2度目の診察
2週間前に引き続き、2度目の診察に行ってきました。今回の診察はMRI検査です。

病院に到着し、受付を済ませ、早速、MRIの検査室へ。2パターンの撮影に40分。MRIもすでに3回目ですが、30分以上ジッとしているのは、なかなかの苦痛です。

それから診察までしばらく待合室で待ち、いよいよ診察。写真を見ながら、先生の説明を聞きました。

一箇所傷がついてしまっているところがあり、腕を外側に回したときに、袋が緩み、ボール(肩の骨)が落ちて亜脱臼しやすくなっているらしい。よく分からないが、そういうことらしい。

で、一般的に同じような場合で亜脱臼を繰り返している人には手術を勧めているらしい。ただ、リハビリでよくなる人もいるので、3ヶ月リハビリをしてみて、よくならないようなら手術をしましょうとのこと。

手術は、内視鏡を使って、スッスッスッと4針か5針縫うだけと、いとも簡単そうに説明してくれました。

診察のあとはリハビリ。時間が遅くなってしまったので、リハビリの先生が診察室に来ており、空いている診察室でリハビリ。リハビリの先生曰く、かなりよくなっているとのことでした。この前が脱臼した直後だったっていうのがあると思いますが、2週間の成果がそれなりに認めてもらえました。新しいメニューを教えてもらい、リハビリも終了。

次のリハビリは2週間後、診察は5週間後です。

手術で治るなら、手術をしたいところですが、とりあえずリハビリを頑張りたいと思います。

よくなったかどうかをどうやって判断するかは疑問ですが、違和感なく、肩のことを気にせずに、ボールを投げられるようになったらOKかなと思っています。
三連休終了
三連休が終わり、富山から帰ってきました。「無事に」と言いたいところですが、息子が日曜に熱を出してしまい、帰ってきても、まだ微熱が続いています。

ちなみに自分も、鼻水と喉をやられたようです。恐るべし、富山。帰ってくる途中の温度計では“6度”の表示もありました。恐るべし、富山(そこは岐阜でしたが)。

ただ、今日の午後も肩の通院のため、お休みなので大丈夫です。半日頑張りますか!
三連休です
明日から三連休です。妻の実家(富山)に帰省してきます。

妻の友達の結婚式が日曜にあるので、1日休暇をもらいました。

自分は結婚式には出席しないので、もっぱら実家で子守&宴会担当です。

ETCの割引を使うために、これから出発する予定ですが、東名集中工事は終わったのか!?
時は金です
先週末10/18と10/19のブログのタイトルが1年半前と同じでビックリしました。成長してないなぁ~。

それはそうと、最近は仕事が落ち着いており、帰りがかなり早いです。定時帰りもチラホラ。19時前には、当然のように家にいます。

毎日家族で夕飯を食べれているのは非常に嬉しいことなのですが、ご飯食べて、お風呂に入って、寝る以外に、これと言って何もしてないことに、やや危機感を覚える今日この頃。

別に危機ではありませんが…。

忙しい時期と家でやっていることは変わらず、ただ睡眠時間が増えているだけの生活に、貧乏性な自分としては、もったいないなぁ~、時間を有効活用してないなぁと感じるわけです。

今日のところはこの話に結論はありません。
試験当日
情報処理技術者試験の日。

バイクがしっかり走ってくれるか不安だったので、かなり早めに出発。

案の定、出発して1kmぐらいの赤信号で止まるとエンジンが停止し、エンジンがかからなくなりました。15分程の奮闘の末、なんとかエンジンがかかり、再出発。

さらに2kmぐらい先の信号で再びエンジン停止。今度はガソリンがない模様。リザーブタンクに切り替え、ガソリンスタンドへ。

ガソリンを入れたあとは、止まることなく走ってくれましたが、チョーク引きっぱなしで走らないといけないのはいかがなものだろう…。このバイクもそろそろ限界か!?(走行距離は2000km程度ですが。。)

試験会場へは少し早めに到着。会社の知っている顔もちらほらいました。

午前、午後1、午後2の試験を受け、16時過ぎに終了。

手応えはボチボチといったところ。帰って自己採点をしたところ、午前のマーク式は合格圏内。午後は記述式なので神頼み。この試験、かれこれ申し込みは3回目(受験は2回目かな?)。バイクも限界だし(!?)、そろそろ合格したいものです。


試験前日
明日は情報処理技術者試験ですが、オールで飲み+カラオケで朝帰りです。

始発で帰り2時間ほど仮眠を取ったあと、お弁当を持って、家族3人で蓮花寺池公園へ。

この公園には、大きな池と長いローラー滑り台があります。

滑り台を滑るために、自分の足でかなり高いところまで階段を登っている姿に、息子の成長を感じました。

そして、うちに帰ったら、息子とお昼寝。

妻は、友達の結婚式の二次会で夕方出かけたので、お昼寝から目覚めてからは、息子と2人きり。

目覚めるや否や、「ママーママー、パパいや!」と息子に顔を叩かれる始末。なだめるのは無理と判断し、PSXに溜め撮りしたアンパンマン様に委ね、自分は明日のために、バイクの様子を見に行きました。

情報処理技術者試験=年に2回のバイク乗車日なので。

エンジンは割とあっさりとかかるも、前輪の空気がなく、パンク状態。この頃ようやく機嫌がよくなった息子を乗せ、近くのガソリンスタンドまでバイクを押して行きました。

そのあと、夕飯は適当に済ませ、お風呂に入り、就寝。ちょうど寝るころに、妻が帰宅し、息子はなんとか寝てくれました。

寝る前に、息子が今日あったことを妻に報告。

「バイク乗ったよ」

「ガソリン行ったよ」

「カレー食べたよ」

と。

ちなみに夕飯はカレーじゃありませんが、カレー風味のものです。

会話ができるようになった息子、なかなかあなどれません。
息子との会話
少し前までは、単語しか話せなかった息子ですが、最近は会話が成り立つようになってきました。

今朝の会話。

自分「お仕事行ってくるね。」

息子「あっしせれなのかぎもった?」(新しいセレナの鍵持った?)

自分「今日は自転車で行ってくるよ。」

息子「ててしゃのかぎもった?」(自転車の鍵は持った?)

自分「自転車の鍵は持ったよ。じゃあ、行ってくるね。」

うん、立派な会話です。


病院へリベンジ
そうだ、肩を治そう。

と、思い立った日から、約2年。以前行った病院では日常生活に支障がないなら手術する必要はないと言われ、一旦、振り出しに戻っていました。

最近、日常生活でも外れそうになることは多々あり、もう一度、病院へリベンジすることにしました。

前回は、近くの小さい整形外科に行き、その紹介で市外の総合病院へ行きましたが、今回は予約をして市内の総合病院に行くことにしました。

予約をしていたのに、病院に着いてから1時間ほど待たされ、ようやく診察室へ。

ことの経緯を話し、まずはレントゲンを撮ることに。両肩をそれぞれ3回ずつ撮り、もう一度診察室へ。

レントゲン写真を見ながら、説明を受ける。外れやすくなってる右肩はやはり、骨の繋ぎ部分が甘くなっているみたい。ただ、左肩と比べて、それほど大きな違いはなく、頻繁に外れている割にはそれほど悪くはなっておらず、リハビリでかなりよくなるとのこと。

診察のあとはリハビリテーション室に行き、5種類のトレーニングを教えてもらいました。

2週間後にはMRI検査をしてもらいます。

前回の病院の先生に比べ、今回の病院の先生は信頼できそうな感じでした。しばらくリハビリを頑張ってみます。