優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
緊急帰省
9月24日の明け方に父方の祖父亡くなったため、鳥取へ緊急帰省。

7時前に自宅を出発し、13時頃に鳥取へ到着。さすがに平日だと渋滞もなくスムーズ。

それからそのまま父の実家に移動。その日にお通夜、翌日に葬式をし、実家に1泊したあと昨日帰宅。

祖父に最後に会ったのは、今年の正月だっただろうか…。去年のお盆だったろうか…。そのときは、まだまだ元気な様子で、今回のことは本当に突然だった。

小学生の頃は、夏休み・冬休みを祖父の家で過ごし、寝るときやご飯を食べるとき、祖父の隣は自分の特等席だった。

それが段々と会う回数が減り、最近では1年か2年に1回になってしまった。

母方の祖父に続き、父方の祖母、そして父方の祖父と、死に目に会うことなく、他界していった。静岡に住むことを決めたとき、覚悟していたつもりだけど、色々と考えさせられる。

亡くなる前に贈った敬老の日のプレゼントの毛布が間に合い、使ってもらえたのがせめてもの救い。

おじいさん、温かい毛布で安らかにお眠りください。
スポンサーサイト
初めての釣り

小学生の頃は父親に連れられてよく行っていた釣り。

初めて家族3人で釣りに行ってきました。行き先は焼津港。

朝10時から夕方4時まで頑張って、結果は柊(ひいらぎ)(?)9匹、イサキ(?)4匹。坊主じゃなくてよかったけど、ほんとは鯵や鰯が釣りたかった…。

釣った魚は、塩焼き、唐揚げ、お吸い物にしておいしくいただきました。

 
子守唄
9月、暦の上ではすっかり秋です。まだ暑いですが。

うちの息子は、夜寝るときに
「トントンして、どんぐり歌って」とよく言います。

息子にとっては、「どんぐりころころ」が子守唄のようです。

そんな「どんぐりころころ」ですが、調べてみると、
3番が存在するようです。

どんぐりころころ 泣いてたら
仲良しこりすが 飛んできて
落ち葉にくるんで おんぶして
急いでお山に 連れてった

3番も他の歌詞があったり、4番もあるらしいです。
なかなか奥が深い。