優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
お七夜
帰ってきたら郵便受けに、○治乳業の宅配サービスのパンフレットが入っていました。息子が産まれて、1週間、もう嗅ぎつけたか!きっと赤子用のミルクのパンフレットだろうなと思ったら、普通の牛乳の宅配サービスでした。明○乳業、疑ってすまぬ。

というわけで、今日で息子が産まれて1週間経つわけですが、世間一般には、「お七夜」という行事を行うそうです。

-------------------------------------------------------
「七夜」
(1)七日目の夜。また、七日間の夜。
(2)子供が生まれて七日目の祝いの夜。お七夜。

「七夜の祝い」
子供が生まれて、七日目の夜に行う祝儀。このとき命名するのを
ならわしとするほか、各地にいろいろな風習がある。うぶたちのいわい。
名付け祝い。お七夜。

三省堂提供「大辞林 第二版」より
-------------------------------------------------------

ポイントは、命名をするってとこ。赤ちゃんが生まれた日から7日目の夜に名前を決め、赤ちゃんの健やかな成長を願うらしいです。

というわけで作っちゃいました。



命名書


以上、独り名付け祝いでした。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック