優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
2度目の診察
2週間前に引き続き、2度目の診察に行ってきました。今回の診察はMRI検査です。

病院に到着し、受付を済ませ、早速、MRIの検査室へ。2パターンの撮影に40分。MRIもすでに3回目ですが、30分以上ジッとしているのは、なかなかの苦痛です。

それから診察までしばらく待合室で待ち、いよいよ診察。写真を見ながら、先生の説明を聞きました。

一箇所傷がついてしまっているところがあり、腕を外側に回したときに、袋が緩み、ボール(肩の骨)が落ちて亜脱臼しやすくなっているらしい。よく分からないが、そういうことらしい。

で、一般的に同じような場合で亜脱臼を繰り返している人には手術を勧めているらしい。ただ、リハビリでよくなる人もいるので、3ヶ月リハビリをしてみて、よくならないようなら手術をしましょうとのこと。

手術は、内視鏡を使って、スッスッスッと4針か5針縫うだけと、いとも簡単そうに説明してくれました。

診察のあとはリハビリ。時間が遅くなってしまったので、リハビリの先生が診察室に来ており、空いている診察室でリハビリ。リハビリの先生曰く、かなりよくなっているとのことでした。この前が脱臼した直後だったっていうのがあると思いますが、2週間の成果がそれなりに認めてもらえました。新しいメニューを教えてもらい、リハビリも終了。

次のリハビリは2週間後、診察は5週間後です。

手術で治るなら、手術をしたいところですが、とりあえずリハビリを頑張りたいと思います。

よくなったかどうかをどうやって判断するかは疑問ですが、違和感なく、肩のことを気にせずに、ボールを投げられるようになったらOKかなと思っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tooc.blog47.fc2.com/tb.php/335-d834f7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック