優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
激しい陣痛
陣痛室へ入ると、妻はかなり苦しそうにしていた。夕方出るときは、「みかんのゼリー買ってきて!」とまだまだ余裕の表情を浮かべていたのに、陣痛の間隔も5分を切り、ゼリーを食べる余裕なんてなさそうだった。

「分娩室に入ったら電話してください。」と言い残し、義祖母と義姉は帰宅。

PM10時頃に診察を受けると子宮口は4cmほどに広がっていた。そもそもどれだけになれば生まれてこれるのか、俺も妻も知らない。勉強不足だったかな・・・。ただ、4cmじゃ出て来れないのは直感的に分かる。

妻の痛みは腰にきているらしく、どんどんつらそうになっていく。最初は軽くマッサージをしてあげていたけど、陣痛がくるたびに全力で腰を押さなきゃいけなくなってきた。ベッドに横になっている人の腰を押すのは、なかなか力が入りにくく、押している方にも
腰の負担があったけど、俺の腰の痛みなんてかわいいもんだったに違いない。。

日付が変わる頃に、診察をしたが子宮口は4~5cmと、あまり変わらない感じ。それでも妻の痛みはひどくなり、「早く息みたい。」、「もうどうすればいいか分からん。」と少しずつ弱気になってきていた。病院に来てもうすぐ丸1日が経つ。そりゃ、疲労も溜まっているだろうし、弱気にもなるだろう。息んじゃダメな理由なんて俺にもよく分からんけど(やっぱり勉強不足)、とにかく、息んじゃダメらしいから、深呼吸をして、息みたい気持ちを逃す。そうするしかないらしい。腰を押したり、背中をさすったり、それぐらいのことしかできないけど、できる限りのことをやった。

AM2時半頃の診察で、子宮口は8cmと広がっていた。もう出て来れそうな感じだけど、まだらしい。このときにようやく10cmが全開だということを知った。ほんとにもう一息ってとこまできた。

AM4時の診察。診察のときには、俺は陣痛室の外へと出るのだが、外へ出ると向かいの分娩室の明かりが点いていた。「いよいよだな」と思っていると、助産婦さんが出てきて、「分娩の準備をしますので、旦那さんも一緒に入ってください。」と言われ、一緒に分娩室へと移動した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック