優純普段の理(ことわり)
優柔不断な3児の父親の日常(普段)。「優」「純」「理」は3人の子供の名前の頭文字。
運動会
朝の体温は37.5℃。治りきってはないけど、行けると判断し、準備をして会場へ。9時の開会式には若干遅刻しましたが、無事に運動会がスタート。

最初の競技は、白雪姫をテーマにした親子競技で、一緒に参加。なんとか、2位になりました。その次は、運動会の目玉の一つでもある鼓隊の演奏。長男坊は中大鼓、頑張っていました。

長男坊が出場する午前中の競技が終わり、一息ついていると、先生と一緒に長男坊が応援席に現れました。しんどそうだから、応援席で休んでいてくださいとのこと。(本来、年長組はお昼休みにしか戻ってきません。)

このとき、熱を測ってみると、38.6℃。そりゃ、しんどい。長男坊は応援席で横になり、そのまま、お昼休みに突入。お昼休み後も、運動会の最後の種目の一番の目玉競技、年長組の全員リレーに備え、玉入れと騎馬戦は棄権。

お昼休みに解熱剤を飲ませた効き目があり、熱は37.4℃まで下がり、最後の種目のリレーに出場。なんとか走りきり、長男坊のクラスは優勝。よく頑張りました。幼稚園児にここまで頑張らせていいものかと思いつつも、頑張る息子の姿に感動。なんとか涙はこらえましたが、妻はしっかり涙を流して喜んでいました。

参加が危ぶまれた運動会でしたが、なんとか無事に参加することができました。5競技中3競技しか参加できなかった息子ですが、いい思い出になったと思います。長男坊は、振替休日も含めて2連休なので、ゆっくり休ませたいと思います。

ちなみに、こちらが今回のお弁当。最後の運動会の力作です。父ちゃんも頑張りました。

2cdf8015.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する